美しい髪の毛を手に入れるために!

髪の毛は3つの構造からできている

髪の毛は大きく分けると3つの構造に分類することができます。それぞれにはきちんとした役割があり、これが損なわれることによって髪の毛の質は低下します。

 

ここでは髪の毛の構造について紹介していきます。髪の毛はキューティクル、コルテックス、メデュラの3つの構造からできています。

 

まずキューティクルは一番外側にある硬いタンパク質の事です。

 

名前を知っている方は多いと思いますが、これは半透明のうろこ状の構造となっていて、髪の毛の内部組織を守る働きがあり外側をコーティングしているものです。

 

うろこ状のタンパク質が何枚も重なっているため、一見頑丈なように見えますが、紫外線や物理的な刺激に非常に弱いです。

 

また最表面には「MEA(18-メチルエイコサン酸)」と呼ばれる脂質成分がキューティクルを保護しています。これにより髪の毛は守られているのですが、MEAは摩擦などにより損なわれやすくなっています。

 

3つの構造の中では髪の毛のツヤを左右する部分となっています。コルテックスはキューティクルの内側にある繊維状のタンパク質で、髪の毛のおよそ90%を占める部分となります。

 

コルテックスが髪の毛に与える影響は柔軟性や太さです。コルテックスに含まれるタンパク質、脂質の量によって変わってきます。人によって髪の毛の質に差異が生じるのはこのためです。

 

また、コルテックスに含まれるメラニン色素の量によって髪の毛の色も変わってきます。メデュラとは髪の毛の中心にあるタンパク質の事です。髪の毛の色合いを決めるとても大事な部分であることが近年分かってきています。

 

メデュラは外的な刺激に弱いとされており、ダメージを受けることによって中央に空洞ができます。これにより、光が透過する際に散乱し、髪が白っぽく見えてしまいます。

 

髪の毛の環境を守るためにはきちんとした方法で髪の毛をケアし、キューティクル、コルテックス、メデュラを守る必要があります。美しい髪の毛を手に入れたいのであれば、今一度髪の毛の環境を確認する必要があります。

 

髪のキューティクルを守る方法

 

女性にとって髪の毛は美しく見せるために必要不可欠なものであり、日々のケアを怠ってはいけません。

 

髪の毛はただ単に洗えば良いというわけではなく、きちんとした方法でキューティクルを守らなければなりません。

 

そこで髪の毛のキューティクルを守る方法について紹介していきます。

 

キューティクルは一度傷んだら戻らない

 

キューティクルは一度傷んでしまうと元に戻ることはありません。

 

新しい髪の毛が生えることで改善されますが、傷んだ髪の毛は再生することができません。

 

そのため、髪の毛を保護することは髪の状態を保持するためにとても大切なことであると言えます。

 

キューティクルの敵は水分!?

 

キューティクルは乾燥した状態だとしっかりと閉じているため、髪の毛が傷むことは少なくなります。

 

逆に髪の毛が傷んでいる状態はキューティクルが開いていて、剥がれ落ちそうになっている状態です。

 

これが進行すると枝毛や切れ毛を生み出してしまいます。

 

ここで髪の毛が濡れるとキューティクルが開き、傷みやすい状態となります。

 

髪の毛の潤いを保持するためには乾燥した状態が良いため、シャンプーなどを行った後はドライヤーでしっかりと乾かすことが大切になります。

 

ヘアマニキュアを使用する手もあり

 

これは根本的な解決策にはなりませんが、ヘアマニキュアは髪の毛の表面をコーティングしてくれるため、髪の保護に役立ちます。

 

ヘアマニキュア自体が髪の毛を傷める原因になるためおススメすることはできませんが、既にキューティクルが傷んでいる場合などには有効な方法となります。

 

枝毛や切れ毛に悩んでいたら試してみる価値はあります。

 

美しい髪を手に入れるために

 

ヘアケアを自宅で行いたいと考えていても種類がたくさんあり、どれを使用すればよいのか分からないという方も多いと思います。ヘアケア商品はどれでも良いというわけではありません。

 

ヘアケア商品を選ぶポイントを紹介していきます。

 

シャンプーの効果

 

より高いヘアケア効果を得るための成分としてシリコンが挙げられます。ヘアケア商品においてシリコンはすすぎ時の髪の感触向上と仕上がり感のコントロールを行っています。

 

枝毛防止成分として使用されるように、髪の表面をなめらかにすることで良い仕上がりを得ることができます。

 

さらにシリコンは髪や地肌に悪影響を及ぼさないこともわかっていますので安心して使用することができます。ヘアケア製品を選ぶ際はシリコンにも注目するようにしましょう。

 

最近ではオーガニックシャンプーや自然の成分を使用したシャンプーが人気があり支持されています。

 

オーガニックシャンプーの中でも特に注目を集めているのが、さくらの森が販売するハーブガーデンシャンプーです。

 

さくらの森直営サイトで購入できますが、楽天やアマゾンでも取り扱っていて価格も違うかもしれません。

 

そこで、いまハーブガーデンシャンプーの取扱店について調べてみましたが、さくらの森ハーブガーデンシャンプー|楽天とアマゾンの価格を読んだところ解決できました。

 

リンス・コンディショナーの効果

 

リンス、コンディショナーはシャンプーで洗い終わった髪の毛の表面に保護膜を作成することにより、髪の毛のパサつきを防ぐ効果があります。キューティクルの痛みも和らげることができますので、髪の毛には必要なものとなります。

 

トリートメントの効果

 

トリートメントはリンス、コンディショナーとは異なり、髪の内部の状態を整えるものです。髪の内部に浸透する成分を配合しており、髪の痛みをケアし、質感をコントロールすることが可能です。

 

一般的なトリートメントは、リンス、コンディショナーの効果も併せ持っています。

 

リンス・コンディショナー・トリートメントを全て含む商品が良いのか

 

確かにリンス・コンディショナー・トリートメントを全て配合していると、髪の毛の外側、内側をケアすることができるので非常に便利です。

 

しかし、全てを配合してしまうとそれぞれの成分が少なくなり、思ったような効果を得ることができない場合もあります。

 

髪の毛が痛んでいると感じたらトリートメントを利用するなど、状況に応じて使い分けた方がより高いヘアケア効果を得ることができます。

 

また、トリートメントなら美容室で行うのも良いです。

 

美容室でトリートメントを行うことのメリット

 

美容室などではヘアケアの一環として、トリートメントを行っている場所が多くなります。髪の毛や頭皮に良いとされるトリートメントは実際にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

美容室のトリートメントがもたらす効果について紹介していきます。

 

トリートメントはやろうと思えば自宅でも行うことができますが、それでも美容室で行うのにはいくつかの理由があります。美容室でトリートメントを行うことのメリットは以下になります。

 

・自分の髪質に合わせたケアを行ってもらうことができる

 

・プロの技術でケアをしてもらえる

 

・ストレス解消などに役立つ

 

・パーマやカラーのダメージを軽減する要素がある

 

まず人間の髪質は個人差があり、髪質に応じたトリートメントを行わないと最大限の効果を得ることができなくなります。美容室ではさまざまな種類のトリートメントがあり、自分に合った方法を行ってくれるので安心です。

 

また、トリートメントを受けることはリラックスにつながり、ストレス解消に役立てることができます。ストレスは頭皮の状態を左右する重要な要素であり、ストレスを溜めないことは髪の毛の状態を良くすることにもつながります。

 

女性の場合、パーマやカラーを行う方が多くなりますが、これは髪の毛へ大きなダメージを与えてしまいます。美容室では前処理といてトリートメントを行うことがありますが、これは髪の毛のダメージを最小限に抑えるための処理となります。

 

美容室のトリートメントは自宅でできることを考えると、決して安いというわけではありません。しかし、トリートメントは正しい方法で行わないと思った効果を得ることはできません。

 

そういった意味ではプロの手を借りるということも効率的にヘアケアを行うためには必要なことであると言えます。