男性も女性も薄毛で悩む

薄毛の悩みは男性だけではない!

薄毛と言うと男性に多いという印象を受けるかもしれませんが、女性でも薄毛になる可能性は大いにあります。

 

それは薄毛にはさまざまな要因が絡んでくるためとなります。ここでは女性と薄毛の関係について紹介していきます。

 

薄毛が男性に多い理由

 

まず薄毛が男性に多い理由として男性ホルモンがあります。男性ホルモンは男性の機能を作り上げるために必要とされるホルモンですが、これが過剰に分泌されると薄毛となる可能性があります。

 

男性ホルモンの分泌量は遺伝による影響が強いため、正しい治療を行わないと自然と薄毛になる傾向にあります。しかし、これは他人ごとではないかもしれません。

 

それは女性にも男性ホルモンが少なからずあるためです。何らかの原因で男性ホルモンの力が強くなると女性であっても薄毛になる可能性は大いにあります。

 

男性ホルモンだけではない薄毛の原因

 

薄毛の原因は男性ホルモンだけではありません。女性の薄毛に多いのは男性ホルモンよりも生活習慣の悪化です。

 

ストレスを過度に感じたまま生活していたり、食生活の悪化、睡眠不足が重なったりすると頭皮にある髪の毛を育てる環境が悪くなり、結果として髪の毛が育たなくなります。

 

髪の毛は普通に生活していても抜け落ちてしまうものなので、その量は次第に減っていくことになります。

 

女性の場合は男性よりもホルモンのバランスが不安定になりがちで、特に妊娠や出産などを行うと薄毛になりやすい傾向にあります。

 

薄毛に不安を抱えている方はまず生活習慣の改善から行うと良いと思います。

 

また、頭皮は身体の中でも皮脂腺や汗腺がとても多い場所であると知られており、きちんとケアを行わないと頭皮環境は悪化してしまいます。

 

きれいな髪質を維持したいのであれば、まず頭皮の環境を整えることが必要となります。

 

男性と比較しいて女性は皮脂が少ない傾向にありますが、女性であっても頭皮環境には最低限注意を行う必要があります。