髪の毛と加齢の関係

加齢による髪の毛の影響

髪の毛の状態は年齢の増加とともに変化していきます。ここでは加齢による髪の毛の質への影響について紹介していきます。

 

加齢によって髪の毛は影響を受けます。年齢の増加とともにさまざまな器官は劣りを見せますが、それは髪の毛を作る頭皮においても同じことが言えます。

 

髪の毛への影響には以下のものが挙げられます。

 

白髪

メラニン色素を生成するメラノサイトの働きが低下することによって白髪が発生します。30代後半になると過半数は白髪を持つようになり、50代になるとほとんどすべての方が白髪を生えるようになります。

 

うねり毛

2種類のコルテックス細胞の分布により、髪の毛の質は決まるのですが、年齢の増加とともにこの分布は変化します。

 

特にコルテックス細胞に偏りが見られるようになり、これらがうねり毛の原因となります。例え直毛だった方も加齢でうねり毛になることは良くあることです。

 

手触り、ツヤの低下

 

髪の毛の内在脂質が減少することによって髪の毛は傷みやすくなってしまいます。特にヘアカラーやパーマを頻繁に利用している方は傷むスピードが早い傾向がありますので注意が必要になります。

 

内在脂質の減少は髪の毛の太さにも影響を及ぼし、細くコシのない毛が目立つようになります。

 

気温の変化にも注意

 

気温の変化は髪の毛の質を変化させる契機となり得ます。

 

特に冬に差し掛かる時が地肌には最も悪い影響を与えると言われており、髪の毛だけでなく地肌のケアもしっかりと行うことが必要になります。

 

地肌は髪の毛を生成する基ですので、保湿には一段と気を付けましょう。

 

加齢による髪の毛のダメージは専用の商品を使用することにより、効果的なケアを行うことが可能となっています。

 

もしも加齢による髪の毛の変化を感じてきたら、使用しているヘアケア商品を変えてみることも一つの手となります。