髪の毛に良いとされる成分と効果

髪の毛に良いとされる成分

シャンプーやトリートメントでよく聞く髪の毛に良いとされる成分は一体どのような点で効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

ここでは、髪の毛に良いとされる成分について簡単に紹介していきます。

 

保湿によいヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は美容に関連する商品に使用していることが多く今では無視のできない重要な成分です。そのため美白化粧品に使われている事が多いです。

 

ヒアルロン酸の効果は保湿です。保水力がとても優れているのが特徴です。

 

頭皮は常に保湿を行い潤っていないと皮膚が乾燥し、地肌の環境を悪化させてしまいます。

 

地肌の環境は髪の毛の生育にも影響を及ぼしますので、潤いを保つことはとても大切です。

 

ただし保湿と言っても水で濡らしていれば良いというわけではありません。

 

ヒアルロン酸による保水力のある成分で適度な保湿が頭皮にはとても効果があるのです。

 

血行をよくするセンブリ

 

センブリはセンブリ茶などで知られる成分です。バラエティ番組の罰ゲームなどで飲まれる位にきつい味で、薬用効果が高いとされる植物です。

 

このセンブリには毛細血管を拡張する効果があるとされています。

 

毛細血管と髪の毛には関係性がないと思っている方もいるかもしれませんが、実はとても深い関わりがあります。

 

髪の毛が育つために栄養分が必要になるのですが、これは毛根部分にある毛乳頭が毛細血管から栄養素を受け取ることで実現しています。

 

このため、毛細血管が収縮しているとうまく栄養分を受け渡すことができず、髪の毛の生育にも影響を及ぼしてしまいます。

 

髪の毛を修復するヘマチン

 

ヘマチンは体内に酸素を運ぶ役割として知られる成分であり、酸素を吸収する力が非常に強いことで知られています。

 

このヘマチンはメラニン色素を復元する作用があり、白髪予防に期待することができるだけでなく、ダメージを受けた髪の毛を補修する機能があると言われています。

 

そのため、カラーリングの後処理などでしばしば使用されるものとなっています。老化を防ぐ効果もあるとされ、一石二鳥にも三鳥にもなる成分です。