髪の健康を保つために(地肌の仕組みについて)

髪の毛を健康な状態に保つために

髪の毛は地肌の中にある毛母細胞により作られています。

 

本当の意味で髪の毛を健康な状態に保つためには、まず地肌の環境を整える必要があります。

 

ここでは、地肌の仕組みについて紹介していきます。

 

地肌の環境は髪の毛の成長に関係する

 

人間の地肌は肌と同じで絶えず新しく生まれ変わっています。

 

地肌は表面から内側に表皮、真皮と分けることができ、真皮が表皮を押し出すようにして生まれ変わっていきます。

 

表皮の一番下にある基底層では新しい細胞が作られており、2週間から4週間程度で角層細胞(肌表面)となります。

 

さらに2週間程度でこの角層細胞は角片となって自然と剥がれ落ちることになります。

 

この一連の流れがおよそ4週間から6週間の周期で訪れており、これをターンオーバーと呼びます。

 

このターンオーバーが正常に行われないと、角層が自然に剥がれ落ちず、フケなどの原因となってしまいます。

 

これによって地肌の環境は悪化し、ついには髪の毛の健康も阻害することにつながるのです。

 

地肌の環境を気にしなければならない理由

 

地肌には皮脂腺がたくさんあります。これにより地肌は皮脂を分泌しやすく、汚れやすい部分となります。

 

汗腺は足の裏や手のひらについで多いともされています。

 

皮脂が残ったまま放置すると地肌が荒れる原因となってしまいます。地肌が荒れてしまうと毛母細胞が毛細血管から栄養素を受け取ることができなくなります。

 

髪の毛が成長するためには栄養素を受け取る必要があり、地肌の環境を守ることがとても大切であるということが分かります。