ヘアカラーリング剤について

髪の毛のカラーリング

女性にはカラーリングをしたいと考えている方が多くいると思います。カラーリングはオシャレの基本となっていますが、場合によっては髪の毛を傷める原因ともなりかねません。

 

髪の毛のダメージを考えるのであれば、カラーリングを行う方法も選ぶ必要があります。ここではヘアカラーリング剤の種類について紹介します。

 

酸化染毛剤

 

これは一般にヘアカラーと呼ばれるものです。

 

その方法はメラニン色素を分解し、髪の内部に染料を結び付けることでしっかりと染め上げることができるというものです。

 

この方法は黒髪でも白髪でも同じ程度の色に染めることができるため、カラーリングを行った際の色のバラつきを防ぐことができます。

 

また持続期間も約2か月と長く、シャンプーなどでも色落ちがしにくくなります。確実に染めたいと考えている方にはおススメの方法となります。

 

酸性染毛剤

 

これは一般にヘアマニキュアと呼ばれるものです。

 

ヘアマニキュアはヘアカラーと異なり、メラニン色素の脱色を行いません。

 

髪の毛の外側をおだやかに染料で浸透させるというイメージで、黒髪は本来の黒さを保ちながらわずかに色を変える程度となります。

 

シャンプーなどを使用するとわずかに色落ちする可能性があります。持続期間は2週間から3週間程度で定期的に色を変えたい方におススメです。

 

まとめ

 

2つの方法を比較するとヘアカラーよりもヘアマニキュアの方が髪の毛への負担は小さくなります。

 

ヘアカラーの方が持続期間が長く手間が少ないため良いと思う方も多いかもしれませんが、髪への負担を考えると一概にはそうと言えないのが実情です。

 

その他にも髪の毛の表面を染色する一時染毛料などもあります。一時的に白髪を隠したい時などに重宝される方法です。

 

どの方法でカラーリングを行うのかは自分次第になります。

 

髪の毛への負担も考えながらどの方法が最も自分に適当であるかよく考えてから使用するようにしましょう。