洗い流さないトリートメントのメリット

洗い流さないタイプのトリートメント

トリートメントと言うと髪の毛をダメージから守り、同時にツヤを与えるためにあるものです。

 

本来はよく浸透させた後、洗い流すようになっていますが、中には洗い流さないタイプのトリートメントも存在します。

 

この洗い流さないトリートメントはどのような点でメリットがあるのでしょうか。

 

一般的なトリートメントは洗い流すことを前提に作られています。そのため、陽イオン界面活性剤がたくさん含まれています。

 

この陽イオン界面活性剤は静電気による影響を抑える効果があり、しっとりとした髪を作ることができます。

 

しかし一方で地肌への影響も強く、場合によっては炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

洗い流さないタイプのトリートメントはこの陽イオン界面活性剤を少なくすることにより、地肌に優しいトリートメントとなっています。

 

洗い流さないトリートメントのタイプ

 

洗い流さないトリートメントにはいくつかのタイプがあります。それぞれ特徴があるのでよく抑えてくようにしましょう。

 

・オイルタイプ

オイルタイプは髪のダメージが大きい場合に効果を発揮してくれるトリートメントです。油分が多いため使用した時の潤いが最も良いとされています。

 

しかし、一方で使用しすぎると髪の毛がべたついてしまうので注意が必要になります。

 

・クリームタイプ

 

クリームタイプは髪の毛に浸透させやすく、べたつきが苦手な方にとてもよいトリートメントです。

 

オイルタイプほどの効果を期待することはできませんが、高い浸透力を持っています。

 

・ミストタイプ

 

ミストタイプはスプレーで噴射するタイプです。最も手軽にケアすることができる一方で、補修力に関しては最も低くなっています。

 

サラッとした感覚を残したい方にはとても良いタイプとなります。

 

・ジェルタイプ

 

ジェルタイプはしっとりとした感触を得ることができるタイプです。

 

ケアは多少面倒な部分がありますが、ダメージの補修力は高めとなっています。